予防

予防に関する記事

ミツバチの針毒で進行性乳がん細胞を死滅させる

リンクページから抜粋 WA州パースの医学研究所が研究論文を発表。 オーストラリアの研究チームがミツバチの毒液を使用した実験を行い、有力な結果が得られた。 彼らが発見した毒液には、悪性の乳がん細胞の増殖を抑える効果があったのだ。 ハーリー・パーキンス医学研究所の研究リーダーであるシアラ・ダフィー氏は、「1つのサンプルが、がん細胞をわずか60分で破壊した。 私達の研究チームは、この蜂毒が正常細胞に損傷を与えない程度の濃度で進行性がん細胞を死滅させる効果が見られた」とBBCに語っている。 ダフィー氏は乳がん治療に蜂毒を使用する可能性について前向きであり、さらなる研究が重要であると同意した。 蜂毒のすばらしい点は、天然製品として「広く利用可能」であり、「世界中の多くの地域で生産する上で費用対効果が高い」ことだと説明した。

記事を読む
1 件