マヌカハニーとは

マヌカハニーとは、ニュージーランドだけに自生しているフトモモ科に属する、マヌカの木に咲く白やピンクの可愛らしい花から取れるハチミツです。
マヌカの木は、1300年代にこの地に住み着いたニュージーランドの 原住民であるマオリ族の薬草として広く使われていました。
マヌカの木は、マオリ語で「癒しの木」「復活の木」という意味で、「奇跡のはちみつ」と呼ばれる理由は、その特別なパワーにあり、その葉は高い殺菌効果にすぐれ、解熱や外傷の治療に使われていたといいます。
戦時中には、ニュージーランドの兵士がマヌカオイルを携帯し、病原菌の感染から身を守ったという逸話までもあり、古くからその「奇跡」が信じられてきた特別な木です。
薬効と蜂蜜、マヌカから作られていますマヌカの花にミツバチ

薬効と蜂蜜、マヌカから作られていますマヌカの花にミツバチ

後に、マヌカハニー研究の第一人者であるニュージーランド国立ワイカト大学、ピーター・モーラン博士の研究により、通常のハチミツに含まれる過酸化水素とは別に、特別強い抗菌物質が存在することが発見されました、
この成分は、UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)と名付けられ、
マヌカハニーの抗菌成分濃度として、1998年に規格として定められました。
ニュージーランド政府が100%出資し、認証した検査機関で厳しく検査され、合格したものにしか表記されておりません。
この成分は、モーラン博士の長年にわたる膨大な研究と立証を重ね、
2008年1月に発表されたドレスデン工科大学のトーマス・ヘンレ教授の論文により、MGO(食品メチルグリオキサール)としてその成分が特定されました。
また、英語では"Tea tree"とも言われ、冒険家で有名なキャプテンクックとその乗組員たちや旅人達が、ティータイムにお茶の代わりに飲用したことからそのように呼ばれています。
マヌカハニーは、一般的なハチミツとは味や香りが少し違い、凝縮された味わいでありながら、後味はさっぱりとしており、花の香りが豊かです。
現在では、その高い殺菌効果と、味わいからニュージーランドだけでなく世界中で愛される特別なハチミツとなりました。
マヌカハニー

マヌカハニー

関連する記事

関連するキーワード

著者